着物の査定 チェックポイント

着物を買い取ってもらう時につい着物や帯に目が入って、着物と一緒に使用していた小物などは売るのを忘れてしまうことがあります。中古で販売する時には一緒に買う人が多いのでぜひまとめて売るようにしましょう。

着物の査定 チェックポイント > 着物買取で忘れがちな物とは

着物を買い取ってもらう時につい着物や帯に目が入って、着物と一緒に使用していた小物などは売るのを忘れてしまうことがあります。中古で販売する時には一緒に買う人が多いのでぜひまとめて売るようにしましょう。

着物小物

和服を専門に買い取る店では積極的に和装小物を買い取っています。着物の美的感覚は非常に高度なもので小物は着物や帯のデザインを引き締めたり格を高めたりする役目を果たしていると言えます。和装小物は着物を着る人にはなくてはならないアイテムであり着物買取店にとっても着物と同様重要な位置を占めています。 小物で高額を期待できるのは、着物や帯と同様に伝統工芸品や有名作家のもとで作られた帯締めや帯留めです。ランクにもよりますがそれらなら単品でも十分に高額買取を期待することができます。帯締めや帯留めを査定に出すときにはそれが伝統工芸品や有名作家によって作られたものであるかどうかを確認しておきましょう。 よくありがちなのが小物を買った時に入っていた箱を捨ててしまったと言う話です。中古で買取店に買い取ってもらう場合には箱の有無が大きな差になる場合があります。販売する場合にも箱があると高く売れます。箱がないと言う事は傷がついたり形が崩れたりしやすくなると言うことで査定額がどうしても下がってしまうのです。あとで売ることを考えたとき収納されていた箱に入れて小物を保管する方が良いでしょう。 帯締めやバッグ・草履などは着物とセットで買い取ってもらうと高値がつく傾向にあります。中古で販売するときもセットの方が売れやすいからです。なるぺくまとめて査定してもらうようにしましょう。

振袖

成人式で女性が着ることで有名な振袖ですが、振り返れば成人式で一度着ただけでそれ以来目にしていないという女性も多いのではないでしょうか。振袖は和服の中でも一段ときらびやかで人目を引くものであり未婚女性の最も格上の和装です。高価なものなので大切にしまっているご家庭も多いことでしょう。 以前は大学の卒業式や友人の結婚式などに参加する時にも振袖を着ていたものでしたが、今では楽に一日過ごせるワンピースやドレスを選ぶ女性も多くなっているようです。振袖は準備に時間がかかり着付けも大変、着た後でも後片付けに注意を払う必要があるので面倒に感じるという理由もあるのかもしれません。 振袖の処分を考えている場合はリサイクルショップやネットオークションなど着物の専門知識がない店や人に売るのではなく振袖の価値を知る買取専門業者に依頼すると良いでしょう。評判の良い買取店ならば買取相場を考慮して的確に振袖の買取額を判断してくれるはずです。家で眠らせておくよりも売却して必要とする人に再利用してもらった方が良いと思います。 振袖を買い取る店と取り扱っていない店とあるようなので、あらかじめ問い合わせてみてもし買取ってもらえるならば無料査定を申し込んでみましょう。売却するかどうか考えるのは査定額を聞いてからでも大丈夫です。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

反物

買取店に反物を出す時に価値を判断される一番の基準は絹でできているかどうかと言うことです。麻や絹ならばまず買い取ってもらえないと言う事はないでしょう。絹を量る匁の量が多い場合はさらに買取額がアップする可能性もあります。ウールやポリエステルは残念ながらそれほど高値は期待できませんがもし反物が残っているならば着物と一緒に査定に出してみるのも良いでしょう。 作ったのが有名作家によるものかどうかという事も査定額に大きく響いてきます。人間国宝と呼ばれる人や有名着物作家はたくさんいてどの人が最も評価が高いからと言う事を比べることはできません。ただステータスとしてその反物や着物の価値が上がるという意味合いなのでしょう。また伝統工芸品かどうかということも重要です。友禅や大島紬などであれば買取額は格段にアップするでしょう。 買取店に反物を出しに行く時にも証紙を忘れずに持っていきましょう。証紙は反物の質を証明するもので高級なものならばなくてはならないものです。もし証紙をなくしてしまったらその分評価額は下がると言うふうに考えておく方が良いかもしれません。タンスの奥に押し込まれている場合もあるので査定してもらう前には隅から隅までよく見て全てが揃うようにしておくのがベストです。 和服に仕立てる前の状態なのが反物です。これから購入者に合わせて着物を誂えることができる点が強みとも言えます。反物もぜひ着物買取店に買い取ってもらえるように交渉してみてください。

七五三着物

着物は大人になってからだけではなく子供時代にも着る機会はあります。伝統的な行事として七五三というものがあり毎年11月頃になると子供達は七五三用の着物を着て神社やお寺にお参りに連れて行ってもらいます。子供がここまで成長したこととこれからの無病息災を願って古来から続けられてきた伝統行事です。 七五三用の着物は呉服店やデパートなどで売られており一生に一度の行事だからと親御さんたちは子供たちへの贈り物として買っていかれることが多いです。ただ子供はすぐに成長して体が大きくなるため最初に大きめのサイズを買ったとしても多くて2回しか着ることはできません。そのためタンスの中にしまいこんだままになるというケースも多くあります。 大人の着物と同じように七五三の着物も買取専門店では受け付けている場合が多くあります。子供の着物は買うよりもレンタルで…と考える親が多く店が書いとった後中古として販売したりレンタルしたりする需要があるからです。子供の着物の処分にもし困っていたら買取業者に査定だけでも依頼してみるとよいでしょう。 着物の買取り店では多くの場合七五三の着物も買取対象になりますが、中には取り扱っていない店もあるので電話などで確認してから査定依頼するようにしましょう。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】




 

着物のシミや汚れ

高価な着物はシミや汚れをつけないように最大限気をつけて扱うものですがそれでもやはりいつのまにか汚れがついてしまっているものです。年月が経って久しぶりにダンスを開いてみたら点々とシミがついていたというのを見ると驚きと同時に落胆した気分になるものです。でもそれは衣類には共通して起こる現象だとも言えます。 ただ今はアンティーク着物というものが好まれていてその渋さとレトロな感じが受けているため古びてしまったからといってすぐさま処分しなければならないということはありません。 外国の人も着物のファンが多く着物の新しい古いに日本人ほどこだわらない場合が多いので外国の方には古い着物も喜ばれることが多くあります。 古い着物を着衣として着るだけでなく身の回りのものとして再利用する方法もあります。バッグやポーチ財布などあまり店には置かれていないような着物の柄で作られていたら希少価値のある人の目を引くおしゃれな小物として利用されるでしょう。技術があればスカートやジャケットなどお揃いの柄で作れば和洋折衷のファッションとして再び着ることができます。 和服の状態が良くない場合はアンティーク着物として買い取ってもらえるかを確認したり、リメイクの生地として活用したりする方法かあります。どちらも不可能な場合は他の買取着物と一緒に無料で引き取ってもらうよう交渉してみましょう。